マイナンバーの管理をアウトソーシング

今企業ではマイナンバーの管理をアウトソーシングする動きが出てきています。


平成28年1月から収集する必要があるマイナンバーについて、各企業は当初様子を見ながら導入をはかっているという動きでしたが、管理するリスクのわりにマイナンバーを利用するシーンが少ないということもあり、自社ですべて管理するというより管理リスクを軽減するためにアウトソーシングを行うという動きが顕著になってきているところがあります。
これは個人情報を取り扱うことになりますが、それ以外にも番号を管理しなければならず、これは番号法にも定められていることで物理的な安全管理措置を実施する必要と技術的な安全管理措置を実施する必要があります。

具体的には企業の中で番号を管理する部署を担当者を決めてその場所まで管理区域として定めるというものです。
またシステムで番号を管理することが多いのですが、そのためのセキュリティなど技術的に漏洩しないような管理も必要となります。

大きな企業であればそれだけ費用をかけて管理することもできますが、中小企業の中にはこれら費用のわりに管理するリスクが高いということや、管理レベルの維持に対して採用者や退職者が少ないような場合は利用頻度も少ないと言えます。

マイナンバーのBPOの情報はこちらのサイトがオススメです。

このような場合にマイナンバーのお収集から管理といった業務をアウトソーシングを行うことなのです。



アウトソーシング業者のほうが管理レベルが高いということで費用に対する効果が高いということも言えます。

Yahoo!ニュースの情報を簡単に探すことができます。