ヘッドハンティングでの転職

ヘッドハンティングがどのようにして行われるか、その仕組みはあまり明らかにされていません。

いわゆる、もう企業のトップに立っているような著名な人間であれば、突然ヘッドハンターを名乗る人間が現れ、映画のようなヘッドハンティングが行われることはあるでしょう。



しかしながら、世の中の大半の人間は、そこまで著名なわけではないので、いきなりヘッドハンターが訪ねてくることはほとんどありません。

実際の転職活動において、転職斡旋会社に自分自身を登録すると、そこに働いているAGENTがコンタクトしてきます。



彼らは実は特定のクライアントと呼ばれる懇意にしている企業を持っていますので、そこに欠員が出そうだ、そこが新しい事業を興そうとしているなどの情報を得ることが可能です。



その案件があなたのProfileに一致もしくは近い場合、電話やメールがきて、興味の有無をきかれ、その後面接などのステップに進むわけです。

つまり、通常の転職活動を始めることで、ヘッドハンティングをされる可能性が高まるということなのです。




さらに言えば、そのAGENTはすべての企業を担当しているわけでなく、あの人はIT関連に強く、この人は製造業に強いなどの違いを持っているので、なるべくたくさんのAGENTと仲良く、懇意にしておくといろいろな情報を得ることもでき、優先的に案件が回ってきたりします。



一般人のヘッドハンティングは地味な転職活動であるといえるでしょう。